FC2ブログ

鈴木式アフィリエイト大学の前身 鈴木塾第1期生の実践記と感想

私は鈴木塾の第1期生でした。鈴木式アフィリエイト大学への入塾を迷っている方のために本音の体験談・実践記を暴露します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし鈴木塾入塾前に戻れるなら+今後のアフィリエイトの進め方

もし鈴木塾第1期に入塾する前の私にアドバイスできるなら、「絶対にやめておけ!」と言うと思います。

私は現時点では途方に暮れています。
自分が稼げなかった理由が、やる事が間違っていたのか、やる量が足りなかったのかさえわからないのです。
いや、多分やる事が間違っていたのだとは思っているのですが、鈴木さんに「作業量が足りない」と即答されたこともあり、確信を持てないのです。
このまま鈴木塾方式でアフィリエイトを続けて、稼げるようになるとも思えないです。

そうして途方に暮れている頃に、継続サポートの案内メールが来ました。
2万円で1月末までサポートを延長してくれるそうです。
少しだけ迷ったのですが、申し込みませんでした。
本業の方も忙しくなって、これまでのようにアフィリエイトには時間を掛けられませんし。

それに、2万円あればドメインを20個取れる。

継続サポートに使うより、ドメインを20個取って、自分で試行錯誤しながら、ゆっくりとでも進んで行った方がいいと思ったのです。

鈴木塾は、塾生が稼ぐための塾じゃなく、鈴木さんと運営者が稼ぐための塾だったと思っています。
鈴木さんには、自分がアフィリエイトで稼ぐ力はあっても、塾で他人に教える能力はないと私は感じました。
そして何よりも、塾生を稼がせるんだ!という情熱が一切感じられませんでした。
終了間際に募集された強化合宿にも腹が立ちましたね。
そんなことで塾生からお金を搾り取らずに、まずは今いる塾生を稼がせるために全力を尽くせばいいのにって思いました。

鈴木塾のノウハウは王道だ、と書かれているブログなどもありますが、それにしても値段が高すぎます。

そのノウハウについてですが、レビュー系の方は確かに王道なのかも知れません。
裏技的なことはなく、多分、正統派のアフィリエイトノウハウなのだと思います。
それだけに、恐らくは他の教材にも書かれているノウハウなのではないかと思います。
鈴木塾に入らなければ知り得ないノウハウだとは私には思えませんでした。

レビュー系じゃない方は・・・、これは裏技ですよね。
王道的なノウハウだとは思えません。
いつまで通用するのかわからない方法だと思いました。

裏技といえば、重複コンテンツを使って成約率を上げる方法についても、現時点では通用しているのかも知れませんが、すぐに使えなくなる方法かも知れないと思います。

もし私が今入塾前の状態で、28万円(鈴木塾の値段は、18万円、24万8千円などがあったみたいですが、私は先行募集じゃなく最後の方で入ったので、27万8千円払いました)ほどアフィリエイトに投資するお金があるとしたら、次のように行動するでしょう。

まず、昔からあって評判のよい教材+SIRIUSを購入します。

教材はLFM-TV、アンリミテッドアフィリエイト、アフィリエイトファクトリーなどの評判がよさそうですね。
私はどれも買っていませんが・・・。
最近の教材ではLUREAというのもかなり評判がよいようですが、何年間も高い評価を維持していて売れ続けている教材を選んだ方がよいと思います。

教材は1つに絞った方がいいのかも知れませんが、仮にこれらの教材を全部買ったとしても10万円少しだと思います。

残ったお金でドメインを買い、サーバーを借ります。
10万円あれば100ドメインも買えるんですよね・・・。

それでもお金が余るはずなので、記事の一部を外注化すると思います。

28万円って、こんなに多くのことができる金額なんですよね。

鈴木塾に使うのはもったいない!!
・・・と私は思います。

実際には、今の私にはそんなに投資できる経済的余裕はないので、まずは自分で試行錯誤しながらアフィリエイトを進めていこうと思っています。
そしてアフィリエイトで少しでも稼げるようになったら、または本業でお金が貯まったら、まずは来年出るという噂のLFM-TV2013を購入してちゃんとアフィリエイトを学びたいと思っています。
スポンサーサイト

稼ぐためにどのくらいの作業量が必要?

第1期のセールスレターでは、どのくらいの作業時間が必要か?という質問に、
「A:アフィリ初心者ですと、1日2時間から3時間は作業していただくことを推奨します。ちなみに、僕が学生の頃は平日は1時間~3時間程度でした。 一朝一夕で見につくノウハウではないので、毎日コツコツやることをお勧めしています。」(誤字も原文のまま)、
作成時間がどのくらい掛かりますか?という質問には
「A:人によりますが1日1~3時間を一か月くらい続けてい頂きたいです。」
と書かれていますね。

また、同じ第1期のセールスレターには、鈴木さんは毎日9時間の授業をこなしながら稼げるようになった、と書かれていました。
しかし、鈴木さんのものらしいブログには、現在は投稿が削除されていますが、鈴木さんが稼げるようになるまでは
大学に通いながらも一日18時間くらいは普通に仕事してた
と間違いなく書かれていました(証拠画像)。
(このブログを残しておくのはマズい!と思ったんでしょうね。セールスレターの嘘がバレないように削除したんだと思います。)
毎日9時間の授業をこなしながら、というのは明らかな嘘ですね。
授業中も仕事をしてたのかも知れませんけど。

鈴木塾のノウハウは、1日5時間くらいやっても全然ダメということです。
1日18時間くらいかけないと鈴木さんと同じような結果、鈴木さんに近い結果にはたどり着けない、ということなのでしょう。
実際、私が鈴木さんに稼げている人と稼げていない私の違いを尋ねたら、「作業量!」だと即答されましたからね。
私の、1日平均5時間×90日=450時間(実際は8月から事前課題をやってましたからもっと長い時間をかけているはずですが)の作業量では稼ぐためには全く足りなかったということです。

多分、鈴木塾のノウハウでなければ、450時間作業をすればもう少しくらいは稼げるのではないかと思っています。

鈴木塾のノウハウは、月収100万円への最短距離どころか、多分世間に出回っている色んなノウハウと比べても最も遠回りなノウハウなのではないかと思います(私は他のノウハウのことを知らないのでこれは想像に過ぎませんが)。

鈴木塾のサポートの実態

サポートはメールではこちらが聞きたいことに答えてくれないし、しかも回答は遅いし、Skypeでは腹立たしいことを言われることが多かったです。

メールサポートで一番ビックリしたのは塾長本人からのこんな回答です。

マニュアル通りにやれば大丈夫です。

・・・いや、私が知りたいことがマニュアルに書いていないから質問したんですが。

そしてSkypeでのこんなやり取りには本当に腹が立ちました。

事例1.
私のサイトを見てもらいながら、私「このページは前回からこういう風に変えてみました。」鈴木さん「あー、なるほど。これで問題ないですね。」というようなやりとりをしたのですが、アクセス解析を見ると話していたページは見られた形跡はありませんでした。
トップページは見られた形跡があったんですが。
そういえばSkypeで話しながらもキーボードを叩く音が聞こえていたなあ、他の塾生へのサポートメールの返信でもしていたのかなあ・・・。

事例2.
私「サイトが圏外に飛んだんですけど」
鈴木さん「コピペしたでしょ?」
サイトを一目見てくれたら、かなりの時間と労力をかけたオリジナルコンテンツだとわかるはずなのに・・・。

事例3.
塾終了間際、私「稼げている人と稼げていない私みたいな人の一番の差ってなんでしょうね?」
鈴木さん「作業量ですね。」
いや、稼いでいる人は10月から報酬が出ていたわけで、その時点の彼の作業量より12月時点の私の作業量が少ないはずがない!と思うんだけど・・・。

鈴木さんは質問に対して言い澱んだり考え込んだりすることは非常に少ないです。
基本的に即答してくれます。

即答することが信頼感を与えるんだ!と誰かに言われたのかも知れませんが、もう少し考えて言葉を選んで発言した方がよいと思います。

お金を払ってこんな腹立たしいことを言われて、その上稼げなくてもいい、という方以外は、鈴木塾には入らない方がいいと私は思います。

稼いだ人はテキストとサポートの内容に忠実に従った?

塾後半のメールや動画セミナーなどで、鈴木さんは、「稼いでいる人はテキストとサポートの内容に忠実に従っています」と何度も言っていました。
しかし、動画セミナーで明かされた、初心者で一番稼いだ人(確か10万円台後半)は、テキストには書かれていない方法を取っていました。
あのテキストを読んで、最短で稼ぐにはこうすればいいんだ!と気づける人はその人くらいでしょうね。
私はそんな方法全然思いつきもしませんでしたよ。
1サイト、又は少数サイトだけ作ればいい、って思っていましたから。
その方法はサポートで鈴木さんが教えたのかも知れませんが、そんな大事なことはテキストに書いておくべきでしょう・・・。

また、結果を出してる人は1商品だけのサイトを作っている人も多い、とも言ってましたね。
・・・えっ!?1商品だけでサイトを作るのも鈴木塾の手法としてありなの!?
塾生専用サイトのQ&Aで、扱う商品はいくつくらい必要か?という質問に対して、5~10個くらいで大丈夫、という回答があったから、てっきり「最低5商品以上を扱うレビューサイト」が鈴木塾の手法だと思っていましたよ・・・。

稼いでいる人は、テキストやQ&Aの内容を無視して自己流でやってる、ということだと私は思いました。
そんな人はきっと鈴木塾に入らなくても稼げたでしょうし、今稼げてない人は鈴木塾に入っても稼げるようにはならないと思います。

鈴木塾に入ったから稼げるようになる、という人はいないんじゃないか?というのが私の感想です。

鈴木塾のサポートはブレる

鈴木塾では、塾長がすべてサポートしてくれる訳ではありません。
しかも、サポートの内容はブレます。

私がサポートを受けて、内容がブレたと感じた事例を書いておきます。

事例1.
鈴木塾ではレビューサイトとレビューじゃないサイトの2種類のサイトがあります。
まずはレビューサイトを作ろうということで、ジャンルと商品を選び始めました。
いくつか候補が決まったのですが、どれが稼げそうかメールで相談してみました。

「○○がいいです!
 ○○なら1サイトで100万以上稼ぐ人もいます!
 しかも冬にも需要があります!


というような回答。
ということで参入ジャンルを○○に決めました。

いくつかの○○の商品を購入し、ノウハウに忠実に従ってサイトを作りました。
約3週間で、未完成ではありますが一応の形はできました。
この時点で約40ページ。
この段階で鈴木さんに確認を求めました。
問題ない、とのこと。
しかしここで気になる発言が。

○○なら1サイトで50万稼ぐ人もいますから・・・」

・・・?
100万じゃなかったの?
まあいいや。
50万でも稼げるなら。
さらに一か月後

○○なら20万くらい稼げるって言ってましたけどねえ」

・・・伝聞に変わりました。
しかも金額も減ってます。
まあ、20万でもいいけど・・・。

頑張ってサイト修正、ページ追加しました。
しかし全然稼げません。
季節は冬になろうとしています。

鈴木さんに確認。これで稼げるようになりますかね?

「○○でしょ?そのジャンルは冬には需要がないですよ(キッパリ)」

・・・えっ!?
最初に冬にも需要があるって言ったから参入したジャンルなのに・・・。
それはないですよ・・・。
この時点でほぼこのサイトに対するモチベーションは切れてしまいました。
このサイトのページ数は70ページくらい。
まあ、また季節が来たら稼いでくれるといいですけどね・・・。

事例2.
レビュー系のサイトがある程度形になってから、レビュー系じゃないサイトも作り始めました。
ただ、こちらは集客キーワードまでテキストで決められてて、いくら「ロングテールだ!」と言われても、塾生間でどうしても内容が被ってしまう気がしました。
そこでちょっとテキストには載っていない切り口を考えてみて、相談のメールを出してみました。

「テキストには載ってなかったですけど、
 ××という切り口で作るのは成約率はどうでしょうか?

塾長じゃないサポートの方から返信。

いいと思います。
 色んな切り口でコンテンツを増やして下さい。


とのこと。

・・・成約率を聞いたんだけど。

まあ、いいか。
××という切り口でもある程度の成約率は望めるんだろうな。
ということでその切り口で50ページ程追加しました。
鈴木塾長にサイトを確認してもらうと・・・

××ですか・・・。
 僕ならやらないですね(キッパリ)。
 稼げないでしょう。


・・・えっ!?

最初に言ってよ・・・。
そうならないように事前にサポートに確認したのに・・・。

事例3.
前にアドバイスしたもらった通りにやろうとして、その具体的なやり方を聞いたら、

「何で××をやろうと思ったんですか?○○でいいですよ。」って・・・。

いや、あなたに××がいいですよ、って言われたんですけど・・・。
前にサポートで伝えた内容を覚えてないみたいですね。



セールスレターでは、サポートは鈴木塾長一人で行うと書かれていたはず。
別に塾長一人で行わなくてもいいのですが、複数でサポートする場合、全員で考えを共有していないといけないと思います。
Q&Aの掲示板に、塾長以外の方が「個人的な考えでは・・・」などと回答している場合もありましたが、個人的な考えでは全く意味がないですよね。
「鈴木塾としての回答」を聞きたいのです。
それが塾長本人からの回答であろうとそれ以外の人からの回答であろうと「鈴木塾としての回答」が得られればよかったのですが、サポート体制はそうはなっていませんでした。

鈴木塾長本人のサポートもブレますし、それ以外の方は塾長と考えがほとんど共有できていないと感じました。

鈴木塾のサイトはロングテールを徹底的に拾う?

鈴木塾の基本的な考えは、ロングテールを徹底的に拾うことで、ビッグキーワードで上位表示できなくてもアクセスを集め、成約率を極限まで高めたコンテンツで成約に導く、というもののはずです。

しかし、お手本として提示されている鈴木さんのサイト、どんなロングテールキーワードで検索しても一切ヒットしないんですよね。
ペナルティを受けてるみたいです。
どうやって集客してるのかというと、サテライトサイトを商品名キーワードで上位表示させてそこから騙しリンクみたいな手でメインサイトにアクセスを流しています。
それで数百万稼いでいるそうです。

・・・ロングテール関係ないじゃん。

いや、ペナルティを受ける前は、ロングテールも拾ってたのかも知れませんが、ロングテールを拾ってた頃と商品名だけでアクセスされてる今の報酬が変わらないのだとしたら、元々ロングテールアクセスも集めてたけど成約してたのは商品名で来た人だけだった、ということですよね。

最後の方の動画セミナーでも言ってましたね。
キーワードには商品名を絶対入れないとだめです、って。

私は、ロングテールでのアクセスを拾うことは大切だと思っているのですが、鈴木塾のお手本のサイトでは、ロングテールなど一切関係なく商品名だけで稼いでいる、ということです。
それならそうと言えばいいのに、テキストには、お手本のサイトは「ロングテールを鬼のように集めている」とウソが書かれています。

鈴木塾のサイトは検索エンジンの変動に強いというのも大嘘ですよね・・・。
お手本として示されたサイト、レビュー系もそうじゃない系も、検索エンジンからペナルティを受けています。
何故ペナルティを受けたのかは一切明かしてくれませんでしたが。

第2期に入ることを検討している方、
鈴木塾第1期終了後から第2期開始までの数か月間で、鈴木塾長がテキスト通りのやり方で作って、それで10~20万くらい稼げるようになったサイトを「お手本」としてテキスト内で紹介してもらえますか?
と問い合わせてみてはいかがでしょうか。
もし第2期でも第1期と同じように、何年か前に作って今はペナルティを受けているサイトをお手本として示すという回答だったら、入塾を見送るべきだと私は思います。

鈴木塾ではサイトは1つ作ればよい?

セールスレターには1サイトを作り込んだら稼げるような感じで書かれていましたし、開講後の塾生向けQ&Aでも、
「複数サイトを同時に立ち上げるべきか?」という質問に対して、
ノウハウ通りにサイト作成すれば間違いなく稼ぐことができるので1つに集中した方が効率的
と書かれていました。
これを読んだら、まずは1サイト作ればいいんだ、と思っても仕方がないですよね?
1サイトで月100万なんて思いませんでしたが、1サイトしっかり作り込めば月5万円くらいは稼げるものだ、と思ってしまいました。
私の鈴木塾での目標は、塾の期間中にいくら稼ぐ、というものではなく、塾の期間中に「塾終了後に月収100万円を達成する最短の道を見つける」ことでした。
そのためには、5万円~10万円以上稼げるサイトを作る方法をマスターしよう、それをマスターできれば、後はそれを10~20個作れば100万円に届くだろう、と。

私は1サイトに集中した方が効率的だというQ&Aのアドバイスを破って3つのメインサイトを作ったのですが、思ったようには稼げませんでした。

鈴木さんは塾終了直前にやっと教えてくれました。
「複数のサイトを展開すべき。
 10サイト作って全部稼げることはあり得ない。
 10サイト作って5サイト当たればいい方。

だと。
鈴木さんでそのレベルなら、初めて本格的なアフィリエイトサイトを作る塾生の場合、10サイト作って1~2サイト当たればいい方ですよね・・・。
これはアフィリエイト経験者にとっては当然のことなのかも知れませんが、初めて本格的にアフィリエイトに取り組む私はそんなことは知りませんでした。
Q&Aにも「ノウハウ通りにサイト作成すれば間違いなく稼ぐことができる」と書かれていましたし。

私は自営業なので、塾の期間中は本業をセーブして毎日アフィリエイトに時間をかけていました。
12月からは本業に戻ったのでもう塾期間中のように時間をかけることができません。
「1サイトではダメ。3サイトでも足りない。量産が必要。」だと最初に教えてくれていたら、もっとやりようがあったのかも知れないのになあ、と残念でなりません。

今回鈴木塾の塾生で、初心者で10月に10万円代後半を稼いだという人は、サイトを量産してSEOをかけて上位表示されたサイトにコンテンツを追加していったそうです。
そんなやり方はテキストでもQ&Aでもサポートでも一言も言ってなかったのに、鈴木さんは最後まで
「稼げている人はテキストとサポートの内容に忠実に従っています。
 それが稼げるかどうかを分けています。」
みたいなことを言っていて非常に腹立たしく感じました。

もし2期のセールスレターが「サイトは1つ作ればいい」みたいな感じになっていたとしても、決して信じないようにしないといけません。

鈴木塾のノウハウでは、鈴木さんレベルで、サイトを10個作って5個当たればいい方だそうです。

1サイト、又は2~3サイト程度の少数サイトで稼ごうとするなんてとんでもない!
初心者なら最低でも10個~数十個くらいは量産する覚悟を持っていないと月5万円以上稼ぐのは難しいのではないかと思います。

鈴木塾第1期生の本音

鈴木塾は「鈴木式アフィリエイト大学」として第2期が始まるそうですね。
私は第1期の塾生でした。

最近「鈴木塾」で検索すると、鈴木塾第2期をアフィリエイトするための、第1期塾生を装った大嘘(に思える)サイトやブログをたくさん見かけるようになりました。
それでは実態が伝わらず、鈴木塾を誤解したまま入塾してしまう方が増えるのではないかと思い、私の鈴木塾第1期の感想を書いておくことにしました。
あくまでも個人の感想です。
断定的に書いてある部分も、私自身がそう感じた、というだけのことです。
できるだけ本当のことだけを書こうとしていますが、もしかしたら勘違いや誤解などにより、事実と異なる部分があるかも知れません。
そのような点にご注意して、入塾されるかどうかはご自身で判断なさって下さい。

また、コメント欄は解放していますので、反論等ありましたらコメント欄からどうぞ。
明らかなスパムコメント以外は削除するつもりはありません。
ただし、このブログは基本的に書いて終わりにする考えなので、コメントは公開するつもりですが、それに対して私から返答するかどうかはわかりませんので予めご了承下さい。

私は自営業なので、塾の期間中は本業をセーブして休日でも最低3時間、平均すると毎日5時間くらいはアフィリエイトをやっていました。
月150時間×3ヵ月、450時間は最低でも掛けています。
それでも稼ぎは1万円に届きませんでした。
3ヵ月間の成果は6,000円(レビュー商品購入やサーバーレンタル時の自己アフィリエイト報酬は除きます)、大半は事前課題のブログから上がった報酬で、鈴木塾のノウハウで作ったメインサイトの報酬は半分以下です。
塾代はもちろん、レビューのために購入した商品代、サーバー代さえ回収できていません。

鈴木さんは言っています。
稼げないのはやる事が間違っているか、やる量が足りないか、だと。
だとしたら、多分私はやる事が間違っていたのだと思います。
でも、何度もサポートを受けたのに、やる事の間違いを正してはくれませんでした

私が稼げなかった最大の問題は、「少数のサイトに力をかけ過ぎたこと」ではないかと自分では分析しています。
作成した3つのメインサイト合計で約200ページ。
これは鈴木塾的には間違いだったのでしょう。
他の記事に詳しく書くつもりですが、もっと薄いサイトを最低10サイトくらい並行して作って、当たりそうなものだけコンテンツを充実させていけば、そのうち1サイトくらいは月5万円くらいは稼げるようになったかも知れません。

でも、本当に稼げなかった原因は、心理的なものだったのかも知れないとも思っています。
募集方法などから、鈴木塾に対して最初から疑いを持っていた部分があるのです。
鈴木塾のサポートをした方のHPにこんな言葉がありました。
「実は何かを現実化させる鍵は、行動ではなく心理状態にある」
・・・本当にそうかも知れませんね。
疑いの気持ちを持ちながらの作業だったから稼げなかったのかも知れません。
今でも鈴木塾のことを考えるとネガティブな気持ちになってしまいます。
こんな1円にもならないブログを書いてる暇があったら少しでもサイトを作った方が稼げる可能性が上がるのに、と思われる方もいるでしょう。
しかし、このブログは、建前としては「第2期鈴木塾への入塾を迷っている方の役に立つように」というのを目的としていますが、本当は、私自身の中に未だに残っているネガティブな気持ちを昇華させるためのブログなのかも知れません。
私自身が前を向くために、こんな1円にもならないブログを書く必要があったのかも知れないと思います。

思いつくままに書きなぐっているので、読みにくいとは思いますがご了承下さい。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。